スポンサーサイト

  • 2017.03.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【続報】11/13開催予定 岩泉町小本地区復興支援無料市について

    • 2016.10.20 Thursday
    • 17:30

     東日本大震災の発災直後に実施した聞き取りアンケートで、被災者から要望の多かった物資のリストです。


     今回の岩泉町の台風10号被害においても、同様の需要があるものと考えられます


     支援物資をご用意いただく際の参考にして頂ければ幸いです。

     

     

    ☆震災の発災当時の需要として多かったもの

     

     

    • 寝具(布団、毛布、電気毛布、シーツ、タオルケット、折り畳みベッドetc.
    • 暖房器具(石油ファンヒーター、石油ストーブ、電気カーペット、電気ストーブ、コタツetc.
    • 食器(コップ、皿、茶碗、マグカップ、丼)・食器棚
    • 調理器具(鍋、手鍋、フライパン、鍋敷きetc.
    • 防寒着・防寒靴・湯たんぽ・使い捨てカイロ
    • じゅうたん・座布団
    • 自転車・自転車の空気入れ
    • 掃除機
    • 生理用品・トイレットペーパー・おむつ(成人用:子供用)・子供用おしりふき
    • 衣類(下着・ソックス・防寒着・防寒インナー、エプロンetc.)・スリッパ
    • ゴム手袋(水仕事用)
    • 家電(アイロン:除湿器)・ノートPC
    • 裁縫道具・ミシン
    • 洗剤類
    • 本類
    • ブルーシート

     

     

    ★震災の発災当時受け入れたものの持て余してしまったもの

     

     

    • 大きな家具(仮設住宅が狭くて入らない)
    • 周波数が違う家電(古いものに多い。今は共通のものも多いようです)
    • 乾燥機(置き場がない、電圧が大きくて使えない)
    • 重たい布団(お年寄りが多く、重いものは好まれない)

    【速報】11/13岩泉町小本地区で、復興支援無料市開催!!(予定…)

    • 2016.10.19 Wednesday
    • 16:17

    10月中には岩泉町小本地区の仮設住宅への被災者受け入れが開始されるとの情報を受け、小本地区の仮設住宅居住者と在宅被災者を対象にして、復興支援無料市が開催される予定です。お米・野菜・衣類・食器などを、被災者の皆さまに無料でお渡しします。

     

    会場など細かいところは調整中。

     

    11月のすっかり初冬の岩泉、さすがに外でやるわけにもいきませんので(;^_^A、何処かの会場をお借りして、屋内でやることになると思います。

     

    詳細が決まりましたら、その都度お知らせします。

     

    つきましては、皆さまにお願いがあります。

     

    やっと避難所から仮設住宅に引っ越しても、被災者の皆さまには食べ物を食べるために必要な食器や箸などがありません。食器を収める、食器入れもありません。

     

     

     

    皆さまのご家庭の押し入れに眠っている食器セットなどがもしあれば、下記の住所までお送り下さい(大きなものは、宮古までお願いします)

     

    また、電気カーペットやこたつなども浸水などで使えなくなっていることが予想されます。

    もしお使いでなければ、どうぞご提供ください。

     

    必要な物資の新情報は、随時こちらからお願い致します。

     

    皆さまのご協力を、こころよりお願い申し上げます。

     

    【住所】

     

    宮古:〒027-0043

    岩手県宮古市千徳町2-18

    jcp宮古ボランティアセンター

     

    岩泉:〒027-0501

    岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字太田1-3

    岩泉ふれあい支援センター

    Q)被災居住物件に住民登録していなかった場合に、罹災証明書発行の申請が出来るか?

    • 2016.10.19 Wednesday
    • 15:03

    A)出来ます


    罹災証明書の発行は、被災した物件の所在する地方自治体が発行するというのが原則です。
    当該物件に居住していたことを証明できる書類(公共料金の請求書など)や、居住していたことを証言してくれる人(隣人や民生委員など)がいれば、被災居住物件に住民登録が無くても罹災証明書の発行を申請することが出来ます。

    岡山県津山市 さくら会館様より、白米30kg×10袋を頂きました!!

    • 2016.10.19 Wednesday
    • 14:59

    【愛知県より、民青同盟の3名の方が岩泉の復旧ボランティアのためにお越しになりました!!】

    • 2016.10.14 Friday
    • 19:09

     昨日の15:00に名古屋を出発し、16時間余りをかけて岩泉の復旧ボランティアに来ていただいたのは、民青同盟愛知県委員会の谷本麗之さん・野澤康幸さん・春木寛宗さんです。

     

     愛知県では震災や今回の台風の被災地のことはほとんどメディアで扱うことがなくなったので、自分たちが現地に行って発信していこうとの決意で岩手に来て頂いたとのお話を伺いました。有難いことです(涙)

     

     当日は被害の大きかった乙茂地区にある乙茂公民館の壁・床などの清掃でした。通常8名1チームのところ、倍の16名での大掛かりな作業となり、全員一緒に岩泉ボラセンのバスで現場に移動。

     

     被災当日、現場の浸水高は2.3mだったそうです。お昼ご飯は小本川の川辺で食べたそうですが、犠牲者の出た現場の近くだっただけに複雑な心境だったとか。

     

     明朝早くに宮古を出発して、10時開始の福島での集会に参加されるのだそうです。8月には熊本地震の被災地にも行かれていたとのことで、真摯な若い行動力に頭が下がります…

     

     

    お米のご支援を頂きました!!

    • 2016.10.12 Wednesday
    • 13:55

    岩手県農民連さまより、白米3kg×7袋入り×14箱=294kgが届きました!!

     

    農民運動全国連合会さまの方からの台風10号被災地支援のお声がけに応えるかたちで、山口県農民連さまより岩手に送って頂いたお米だというお話でした。

     

    農民連の皆さま、誠にありがとうございました!!

     

     

    岩泉町のボランティア需要について

    • 2016.10.12 Wednesday
    • 13:52

    最近の需要は、緊急性の高い家屋の泥出し等から、家屋の周辺(庭・畑・物置)等の片づけに移行しつつあるとのこと。

     

    また、家屋の壁やフローリングの剥がし等、専門技術が必要な需要も出てきていて、とりあえず暮していくための生活復旧から本格的な復旧作業へ段階が変わってきていることが分かります。

     

    ただし、交通インフラの破壊などにより、緊急性の高い復旧作業ですらままならないところもあり、復旧内容にも格差が目立つようになってきています。

     

    なお、冬期間のボランティアの受け入れについては、未定とのことです。

    台風10号岩手県内災ボラ活動実績(H28.10.4現在)より 岩泉町におけるボランティアのニーズと参加者数の推移 (2016/9/1〜10/3)

    • 2016.10.06 Thursday
    • 16:22

    宮古市 台風10号被災者支援制度 (10/6更新)

    • 2016.10.06 Thursday
    • 12:02

    宮古市 台風10号被害関連情報

     

     

    【台風10号による被災状況(岩手県下閉伊郡岩泉町)】

    • 2016.10.06 Thursday
    • 08:39

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM